今夏の移籍市場で、セルビア代表MFネマニャ・マティッチがチェルシーからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した。マンチェスター・Uは2日、アイルランドのダブリンでサンプドリアと激突し、2−1で勝利を収めた。この試合でジョゼ・モウリーニョ監督は古巣チェルシーから引き抜いた教え子マティッチを早速、起用している。

試合後の会見でマティッチについて「彼はまだフィジカル面でトレーニングを重ねる必要がある。ただ、彼の知性や経験、ピッチ上でのインテリジェンスは素晴らしい。まさに天才だね。サッカーをよく知っている」と語り、まだ調整不足と前置きしたうえで、教え子マティッチの才能を手放しで称賛した。

また、「今夏の移籍市場で求めていた4人のうち、3人がやってきた。もし4人すべて獲得できたらそれはもっと幸せだが、クラブはここまで素晴らしい仕事をしてくれた」と続け、今夏の移籍市場で獲得を希望した選手の3人を確保できたと明かしている。

マンチェスター・Uは現地時間13日、プレミアリーグ開幕節でウェスト・ハムと激突する。果たしてマンチェスター・Uの補強はマティッチで打ち止めなのか、それともこの後も新戦力獲得に動くのか、4人目のターゲットはウェールズ代表FWガレス・ベイルと見られるが、引き続きその動向が注目される。