ニースのFWマリオ・バロテッリが筋肉系のトラブルにより、2日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦アヤックス戦セカンドレグの招集メンバーから外れた。イタリア『メディアセット』が31日、伝えている。

バロテッリは大腿部の筋肉系のトラブルにより招集外となり、次戦は欠場することが決まった。7月26日に行われたアヤックス戦のファーストレグでは、32分にニース史上初めてとなるCLでの得点を挙げる快挙を達成したバロテッリだけに、ルシアン・ファブレ監督にとっては大きな痛手となる。ホームで行われたファーストレグは1-1の引き分けに終わっており、アウェーとなる次戦での得点が必要とされているが、エースが離脱する事態になってしまった。

またバロテッリは5日に予定されているリーグ・アンの開幕戦サンティティエンヌ戦も欠場する見込みとなっている。昨シーズンから加入したニースではファブレ監督の下で出場機会に恵まれ、全公式戦で28試合に出場し、17ゴールを記録。サポーターから愛され、のびのびとしたニースの環境でプレーすることで、26歳のストライカーは徐々に本来のフォームを取り戻し、クラブの躍進に貢献した。だが今シーズンはバロテッリにとって、厳しいスタートとなりそうだ。