マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、FWネイマールのパリ・サンジェルマン行きについて独自の見解を述べている。

ネイマールは2日、バルセロナでの最後の練習を終えてチームメイトに別れを告げた。クラブが公式声明でパリ・サンジェルマンに対して違約金全額である2億2000万ユーロ(約288億円)を要求し、まもなく交渉は締結すると見られている。

移籍が正式に発表されれば、昨夏のポール・ポグバを超えて、ネイマールが新たな“世界最高額の男”となる。しかし、モウリーニョ監督は天文学的な移籍金額にも驚きを示していない。

「私はポグバを獲得したときにも、彼は高くないと言った。高価であるというのは一定の品質に達するものだ。2億£だとしても、ネイマールが高いとは思わないね」

「高価だと感じるのは、1億£の選手が増え、5000万£の選手が増えていくことだ。それこそが問題だと思う。ネイマールは世界最高の選手であるし、商業的には問題ないだろう。重要なのは結果だ」

ネイマールの移籍金額もさることながら、プレミアリーグではそれほど実績のない選手や若手選手にすら何十億円という大金がつぎ込まれることが普通となりつつある。モウリーニョはそうした現状を憂えているのかもしれない。