イギリス『リヴァプール・エコー』は、来シーズンのリヴァプールで南野拓実にチャンスがあると予想した。

2020年1月にザルツブルクからリヴァプールに加入した南野。しかし、当時プレミアリーグ首位を独走するチームの中でほとんどチャンスを得られず、さらに今シーズン前半戦にはリーグ戦初ゴールを記録したものの、限定的な出番しか与えられず。今冬の移籍市場最終日に期限付きでサウサンプトンに活躍の場を移した。

ラルフ・ハーゼンヒュットル監督率いるチームで出場機会を得る日本代表FWだが、今夏以降の去就は不透明。一部ではリヴァプールを離れる可能性も伝えられるなどさまざまな憶測が流れる中、『リヴァプール・エコー』は「タクミ・ミナミノが新たなリヴァプールで一翼を担う可能性がある理由」と題して、同選手の将来を予想した。

リヴァプールに加入してからの数カ月後から新型コロナウイルスのパンデミックが始まる不運に見舞われた南野。さらに、その後の過密日程の影響もあり、チームの主力に負傷者が続出したことで、ユルゲン・クロップ監督が考える同選手の起用法にも大きく影響を与えている。

特に同メディアが注目したのが、日本代表FWの“サイズ”。「5フィート9インチ(約175㎝)と華奢な体格により、彼のフィジカルクオリティは他のチームメイトほど成熟していない。クロップが以前に言っていたのは、空中戦での懸念から、通常のセンターバックが不在のチームにはある程度のフィジカルと高さが必要ということだった」とヴィルヒル・ファン・ダイクらを欠く今シーズンは、特に南野を中盤で起用することに無理があったと指摘した。

それでも、新シーズンには日本代表FWの状況が変わる可能性があるようだ。同メディアはその理由の1つとして、移籍後初めてプレシーズンのすべてをリヴァプールのファーストチームで過ごせること。また負傷者の復帰も見込まれることから、プレミアリーグの覇権奪還を目指すチームとともにフレッシュなスタートを切れることを挙げた。

また、システムの変更も南野にとってポジティブなものになる可能性があるようだ。「ドイツ人指揮官は4-3-3から、プレッシングユニットとして典型的な10番の役割に適したミナミノがプレーできる4-2-3-1やその他のバリエーションにフォーメーションを変更することを探る可能性がある」と綴り、同選手への期待を込めた。

「リヴァプールが求めるスタンダードのクオリティを考慮すれば、レギュラースタートのポジションに彼の能力が見合うか疑問は残るが、少なくとも来シーズンこそ彼は自身の真の能力を示す公平なプラットフォームを手にできるだろう」