ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督は、パリ・サンジェルマン(PSG)戦の判定に納得がいかないようだ。

24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第4節で、PSGと対戦したライプツィヒ。11分にアンヘル・ディ・マリアが獲得したPKをネイマールに決められたが、その後は主導権を握って何度もゴールに近づいた。しかし1点が遠く、0-1で惜敗を喫している。

直接対決で敗れたライプツィヒは、PSGと同勝ち点(6)ながら当該成績の結果3位に転落した。試合後ナーゲルスマン監督は『Sky』に対し、PK判定に納得がいかないことを明かしている。

「パリに本当のチャンスはあったと思えない。PKはジョークだね。CLレベルであの判定は本当に悲しいよ。あれはダイブだ。接触はゼロ。VARは違う試合でも見ていたんだろう」

「今、我々はグループで良い位置にはいない。残り2つのゲームに勝たなければならない。そして、パリが成功しないことを願うよ」