現地時間2日、『フランス・フットボール』が主催する2019年バロンドールの受賞者が発表された。

1年で最も活躍した選手に贈られるバロンドール。1956年に創設され、世界中のジャーナリストによる投票で年間最優秀選手が決定する。昨年は11年ぶりにリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの牙城を崩したルカ・モドリッチが初めて受賞していた。

2019年はチャンピオンズリーグ(CL)を14年ぶりに制したリヴァプールのビルヒル・ファン・ダイクがDFとして13年ぶりに栄冠を手にするかに注目が集まっていたが、バルセロナに所属するメッシの2015年以来4年ぶり通算6度目の戴冠が決定。これでアルゼンチン代表FWはバロンドール受賞回数でロナウドを上回り、単独首位に躍り出た。

メッシは昨シーズン、公式戦50試合51ゴールをマークしてバルセロナのリーガ・エスパニョーラ制覇に貢献。今夏のコパ・アメリカでも代表チームを3位に導き、今シーズンも期待通りの活躍を見せている。国際サッカー連盟(FIFA)年間最優秀選手賞『The Best』に続く栄冠を手にした。

なお、2019年バロンドールのランキングは以下の通り。

1位 リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)
2位 ビルヒル・ファン・ダイク(リヴァプール/オランダ)
3位 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス/ポルトガル)
4位 サディオ・マネ(リヴァプール/セネガル)
5位 モハメド・サラー(リヴァプール/エジプト)
6位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス)
7位 アリソン(リヴァプール/ブラジル)
8位 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン/ポーランド)
9位 ベルナルド・シウヴァ(マンチェスター・シティ/ポルトガル)
10位 リヤド・マフレズ(マンチェスター・シティ/アルジェリア)
11位 フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/オランダ)
12位 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)
13位 エデン・アザール(レアル・マドリー/ベルギー)
14位 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)
15位 マタイス・デ・リフト(ユヴェントス/オランダ)
16位 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/アルゼンチン)
17位 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/ブラジル)
18位 アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ/フランス)
19位 トレント・アレクサンダー=アーノルド(リヴァプール/イングランド)
20位 ピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナル/ガボン)
20位 ドゥシャン・タディッチ(セルビア/アヤックス)
22位 ソン・フンミン(トッテナム/韓国)
23位 ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
24位 カリドゥ・クリバリ(ナポリ/セネガル)
24位 マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)
26位 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス)
26位 ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リヴァプール/オランダ)
28位 ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリー/ポルトガル)
28位 マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
28位 ドニー・ファン・デ・ベーク(アヤックス/オランダ)