レアル・マドリーは、今夏控え選手の放出で大金を懐に入れることになるかもしれない。

マドリーは昨季、“Aチーム”と“Bチーム”の論争が巻き起こる中でジネディーヌ・ジダン監督がローテーションを断行して、見事チャンピオンズリーグとリーガエスパニョーラを制して2冠を達成した。だが、この夏には複数選手が出番を求めて移籍を志願している。

その筆頭と見られているのが、FWアルバロ・モラタだ。昨年夏に3000万ユーロ(約38億円)をユヴェントスに支払ってモラタを買い戻したマドリーだが、スペイン代表FWはカリム・ベンゼマの2番手という状況に満足していない。マドリーは現在ミランが狙っている同選手の売却値を7000万ユーロ~7500万ユーロ(約90億円~約96億円)に見積もっている。

マドリーはダニーロにも移籍の可能性が浮上している。DFダニエル・カルバハルに定位置を譲ったブラジル代表DFではあるが、依然として欧州では高く評価されている。チェルシー、マンチェスター・シティが関心を寄せるダニーロを、マドリーは獲得した際に支払った移籍金3000万ユーロで売却する考えだとされる。

MFハメス・ロドリゲスは、すでにバイエルン・ミュンヘンへの2年間のレンタル移籍を決めている。マドリーはハメスの年俸1000万ユーロ(約13億円)の出費を抑え、なおかつ2年後にバイエルンがコロンビア代表MFを買い取れば6000万ユーロ(約77億円)を得ることになる。

またFWマリアーノ・ディアスはリヨンに新天地を求めた。リヨンは若きストライカー獲得に移籍金800万ユーロ(約9億円)を支払っている。

モラタとダニーロを思惑通りに売りさばき、これにリヨンがマリアーノ獲得に支払った移籍金、浮いたハメス年俸分を加えると総額は1億2300万ユーロ(約158億円)となる。