レアル・マドリーは、ここに来て選手獲得・放出を再考する必要に迫られているのかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。

24日、フランス代表FWキリアン・ムバッペ移籍でモナコとマドリーが基本合意に達したことが各国メディアで報じられた。この報道は世界中にインパクトを与えた。それはジネディーヌ・ジダン監督やフロレンティーノ・ぺレス会長にとっても同じだったようだ。

ジダン監督は報道後、ぺレス会長、ホセ・アンヘル・サンチェスGD(ゼネラルディレクター)と30分ほどの話し合いを行ったという。最重要課題はムバッペ加入後の前線をどうするか、である。

FWクリスティアーノ・ロナウドは今夏初めに移籍を示唆したものの、現時点では残留に傾いている。FWカリム・ベンゼマも残留が濃厚だ。一方、MFガレス・ベイルはマドリーに残ることを希望しているが、ウェールズ代表MFにはジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッドが関心を寄せている。

“BBC”のなかで、移籍の可能性があるとしたらベイルだろう。ただ、今のところユナイテッドから正式なオファーは届いていない。モウリーニョ監督は25日の会見で「サイドの選手を探しているのは事実。けれど、他クラブの選手について話すことはできない」と話すにとどまっている。