ティモ・ヴェルナーの代理人は、今シーズン終了前のチェルシー移籍に対してさまざまな意見が飛び交う中、非難に反論した。

今シーズンのブンデスリーガで優勝争いを演じ、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト8に駒を進めたRBライプツィヒで活躍するヴェルナー。これを受け、多くのビッグクラブが注目し、今夏の争奪戦が予想された中、先日に契約解除金の支払いで合意したチェルシーへの移籍が決まった。

しかし、移籍が決まったことで8月に再開予定のCLにライプツィヒの一員としてプレーしないことが決定的。シーズン終了前にクラブから離れるドイツ代表FWに対しては批判的な意見が飛び交っているが、代理人のカールハインツ・フェルスター氏は、選手を全面的に擁護した。

同氏はドイツ『シュポルト1』で「私をいら立たせていることは、ティモを窮地に追いやる非難やチームメイトをがっかりさせた悪いスポーツマンというレッテルだ。私はこのような意見に賛同できないし、同調できるのは“模範的なスポーツマン”といったディレクターのオリヴァー・ミンツラフの言葉だけだ」と反論し、ヴェルナーを擁護した。

「仮にリーグ戦終了後のブレイクの後、彼がチャンピオンズリーグの準備のためにライプツィヒに戻らざるを得ないのなら、新クラブでのスタートに影響を与えかねない。8月中旬や下旬ではなく、7月1日にチェルシーに移籍することは、ティモだけが決めたことではなく、当事者全員による決定だ」

ブンデスリーガは27日に今シーズンの最終節を迎える。アウグスブルク戦がヴェルナーにとって、ライプツィヒでのラストゲームになる。