期限付きでマジョルカでプレーするレアル・マドリーの久保建英の争奪戦において、レアル・ソシエダとレアル・ベティスがポールポジションに立っているようだ。スペイン『La Razon』が伝えた。

昨夏にFC東京からレアル・マドリーに加入した久保。プレシーズンはファーストチームに帯同し、ジネディーヌ・ジダン監督から評価された同選手だが、8月に1年間の期限付きでマジョルカに加入。公式戦25試合で3ゴール3アシストを記録するなど、多くの称賛を集めている。

しかしマジョルカとの契約は1シーズンであり、今夏レアル・マドリーに復帰することになるが、来季以降の去就は不透明な状況。来シーズンも再び期限付きでサンティアゴ・ベルナベウから離れることが予想される一方で、フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)らが獲得を目指すと報じられていた。

複数のクラブが獲得に興味を見せる中、『La Razon』によると、ソシエダとベティスが有力な新天地候補に挙がっているようだ。ソシエダでは、今季レアル・マドリーから貸し出されたマルティン・ウーデゴールがプレーしているが、レアル・マドリー側は来季復帰させたい意向を持っており、代わりに18歳の日本代表MFや他の選手の期限付き移籍をオファーしたという。

同メディアによると、ソシエダも久保の加入を歓迎する一方で、ウーデゴールを2021年夏まで留めておきたい考えもあるようだ。そのため、双方のクラブが合意に至らなかった場合、久保の去就にも影響があるという。ベティスも、レアル・マドリーに対して久保の期限付き移籍をすでにリクエストしていたと伝えており、18歳の日本代表MFの新天地候補として有力なようだ。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です