レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコの契約延長が間近に迫っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。

イスコは8日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとのUEFAスーパーカップに先発出場。ゴールを挙げ、マン・オブ・ザ・マッチにも選出されている。イスコは試合後に改めてマドリー残留を望んでいることを強調した。

「間もなく契約延長に至ると思う」

「試合は全体的に良かったし、僕らのほうが上回っていた。最後はパワフルなチームを相手に、少し押されてしまったけどね。でも僕らは勝者に値したと思うよ」

イスコの去就はここ数週間注目を集め続けている。現行契約は来年夏までとなっており、新契約は2022年までになると予想されている。