マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロが隔離を強いられているようだ。

10日の3-0で勝利したバーミンガム・シティ戦を欠場したアグエロ。長期の離脱から復帰した同選手だが、新型コロナウイルス陽性者と接触したことが判明し、現在隔離に入っているようだ。

試合後に、ジョゼップ・グアルディオラ監督は「不運なことに、セルヒオ・アグエロは陽性の人物と接触したから、数日間の隔離中だ。彼は陰性だが、プロトコルによれば濃厚接触者に当たる場合、隔離を義務づけられている。だから、彼は今日プレーできなかった」と明かした。

昨年末から新型コロナウイルス検査で陽性者が相次ぐマンチェスター・C。クリスマスにガブリエウ・ジェズスとカイル・ウォーカーの感染が判明し、後に陽性が確認されたエリック・ガルシアやスコット・カーソンら複数の選手とスタッフに対して隔離措置を取っていた。

なお、アルゼンチン代表FWは10日間の隔離が必要になるようで、13日のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦と17日のクリスタル・パレス戦に欠場する予定だ。