バイエルン・ミュンヘンは、MFハメス・ロドリゲスが太ももの負傷により数週間の離脱を強いられることを明らかにした。

ハメスは1日、0−3で敗れたアウディカップ・リヴァプール戦に先発。しかし62分に途中交代し、その後バイエルンは筋肉に損傷が確認されたことを公式声明で発表している。

「バイエルンは数週間に渡り、新加入のハメス・ロドリゲスなしで戦わなければいけなくなった。メディカルによって詳細は明らかにされるが、コロンビア代表選手はリヴァプール戦で右太ももを負傷した」

また、同試合ではチアゴ・アルカンタラ、ダビド・アラバも負傷。5日に行われるドルトムントとのスーパーカップでは、主力3選手が欠場するとみられる。