バルセロナFWリオネル・メッシが、新たな偉業を達成している。

17日に行われたコパ・デル・レイ決勝アスレティック・ビルバオ戦に出場したメッシ。68分、72分と立て続けにネットを揺らすなど圧巻のパフォーマンスで、4-0の勝利の立役者に。バルセロナに3シーズンぶり、31回目のコパ・デル・レイ制覇をもたらした。

主将就任後初タイトルを獲得したメッシだが、この日の2ゴールでコパ・デル・レイ決勝での通算得点数が「10」に到達。テルモ・サラ氏の記録を抜き、歴代最多得点記録を更新している。

さらにメッシは、この2ゴールによって今季公式戦の通算得点数が「31」に到達。これで13シーズン連続公式戦30ゴール以上と、異次元の記録を打ち立てている。

試合後、『バルサTV』で「特別なタイトル」と喜びの声を上げたメッシ。ロナルド・クーマン監督も「メッシは勝者。全員がこのタイトルに相応しいので、すべての選手について話さなければならない。だが、メッシは違いを生み出すんだ。誰もが残って欲しいと思っている」と語っている。

以下、メッシの直近13シーズンの得点数。

2008-09シーズン:38
2009-10シーズン:47
2010-11シーズン:53
2011-12シーズン:73
2012-13シーズン:60
2013-14シーズン:41
2014-15シーズン:58
2015-16シーズン:41
2016-17シーズン:54
2017-18シーズン:45
2018-19シーズン:51
2019-20シーズン:31
2020-21シーズン:31