ヘタフェMF久保建英は、週末に控える所属元レアル・マドリー戦にも出場可能なようだ。スペイン『as』が伝えている。

今季前半戦はビジャレアルにレンタルで加入した久保。しかし、レアル・マドリーは所属元との対戦で出場できないといういわゆる“恐怖条項”を盛り込んでいなかったため、ラ・リーガ第10節で対戦していた(出場は1分)。後半戦はヘタフェに活躍の場を移すことになったが、この契約にも“恐怖条項”はなし。2月の第1節延期分でもピッチに立っている(出場は35分)。

そして、18日の第33節レアル・マドリー戦にも出場可能なようだ。『as』は「同じライバルと3回対戦することはあまりないが、そのライバルからレンタルされているケースはもっと少ない」と、極めて珍しいケースであると指摘。1戦目はビジャレアルの選手として、2戦目は第1節が延期になっていたからと説明しつつ、「タケフサ・クボはレアル・マドリーと3度目の対戦へ。残留目指すヘタフェにとって重要な試合で、自分を測ることになる」と伝えた。

U-24日本代表から帰って来た直後の第29節オサスナ戦(0-0)は9分間の出場に留まり、続く第30節カディス戦(0-1)は先発も、51分で交代となった久保。ホセ・ボルダラス監督はパフォーマンスを評価しつつも「戦術的な交代」と理由を説明している。

出場機会がなかなか伸びない現状だが、今季3度目となる所属元との一戦で出番を掴み、ジネディーヌ・ジダン監督を含むレアル・マドリー陣営に来季へ向けてアピールすることはできるのだろうか。