スペインのジローナが浦和レッズFWラファエル・シルバ獲得に向けて交渉していると、イタリアの移籍情報サイト『calciomercato.it』が26日に報じた。

すでに交渉は2週間ほど前から始まっており、浦和側は500万ユーロ(約6億5000万円)を要求していると伝えられる。ジローナはラファエル・シルバに強い関心を示しているが、提示額に大きな差があり、妥協点を探っているようだ。

ラファエル・シルバはブラジル出身の25歳。2014年にルガーノ(スイス)からアルビレックス新潟へ移籍し、2017年より浦和に加入した。J1リーグ戦通算62試合に出場して27得点を記録。今季はすでに8得点を挙げるなど、浦和の攻撃陣をけん引している。

ジローナは1930年創立。昨季2部で2位となり、2017-18シーズンからクラブ史上初となる1部昇格を果たした。過去、ジェフユナイテッド千葉の指宿洋史や、浦和レッズでプレーしたこともある元セルビア代表FWランコ・デスポトヴィッチらが所属していた。