ビジャレアルのウナイ・エメリ監督がチームの勝利に満足しつつ、結果を残した久保建英にも言及している。スペイン『モヴィスター』が報じた。

ビジャレアルは22日、ヨーロッパリーグ・グループステージ第1節でスィヴァススポルと対戦。初先発を飾った久保が1ゴール2アシストの活躍を見せ、ビジャレアルが5-3と勝利している。

試合後、エメリ監督は「あまりにも多くのことが90分で起こった」と語りつつ、勝利という結果には満足感を示した。

「この大会は勝つのが難しいので、勝利は重要だ。オープンな試合を予想していたし、そうなった。時間帯において波があるので、自己批判を行わなければならない」

また、加入から初めてスタメンに抜擢した久保には「彼は頼んだ仕事をやり遂げた。久保だけじゃなく、サムやピノもね。競争は好ましく、一つ勝てたことは良いことだ」と話している。

結果を残した久保について手放しで称賛することはなかったエメリ監督。今後どのようにチャンスを与えていくか注目が集まる。