モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペには引き抜きのうわさが絶えない状況だ。現在、モナコは新シーズンに向けて合宿を行っているが、レオナルド・ジャルディム監督はムバッペの残留を望んでいると公言している。

ジャルディム監督は地元記者に対して「プレシーズン中は屈強な警備員を雇わないといけないな。何と言ってもキリアンを守らないといけないからね」とジョークを交えて発言。

「キリアンは昨シーズン同様、モナコでのプレーに集中している。ここ数週間の調整で調子も上がっているよ。チーム全体が調子を維持していて、新シーズンに向けて我々は大きな野心を持っているんだ」

モナコは今夏の移籍市場でバンジャマン・メンディ、ベルナルド・シウバ、ティエムエ・バカヨコ、ヴァレール・ジェルマン、ナビル・ディアなど、昨シーズンの躍進を支えた主力選手を多数放出している。

ムバッペにはいまだレアル・マドリーの移籍が有力視されている状況だが、ジャルディム監督はムバッペの放出を防ぐため、徹底抗戦を見せる構えのようだ。