マンチェスター・ユナイテッドのエド・ウッドワードCEOが、2021年限りでクラブから去ることとなった。

マンチェスター・Uは現地時間20日に声明を発表。その中でウッドワード氏は「ユナイテッドに貢献できたことを誇りに思っており、ここまで16年間、世界最大のフットボールクラブで働くことができて光栄に思っている」と語った。

「私はUEFAヨーロッパリーグ、FAカップ、カラバオカップ優勝など、ここでの思い出を大切に思っている。クラブの文化が再生され、マンチェスター・Uがあるべき姿に戻ったことを誇るだろう」

「良い時も悪い時も、熱心に応援してくれたユナイテッドのサポーターに感謝したい。もちろん近年はクラブ史の中で最も困難な次期だった。それでも彼らは変わらずサポートしてくれた」

マンチェスター・Uは欧州スーパーリーグ構想の12クラブに名を連ねたことから、先日より世界中のフットボールファンから批判が寄せられていた。公式声明でその話題について言及はないものの、スーパーリーグ構想の発表からわずか2日後に今年中の辞任を発表するという事態に。

なお、ウッドワード氏はジョエル・グレーザー氏とともに、欧州スーパーリーグ構想実現化に向けて動いた中心人物の一人とされている。