パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペは、2019年のフランス最優秀選手に選出された。『フランス・フットボール』が報じた。

ムバッペは昨シーズン、リーグ・アンの得点王を獲得。今季もリーグ戦12試合で11ゴールをマークするなど、2019年も驚異的な得点率を記録している。誰もが認めるフランス最高の選手に選ばれていたようだが、ムバッペはフランス最高の選手にレアル・マドリーのカリム・ベンゼマを推していたようだ。

ムバッペのランキングは1位にベンゼマ、2位にウーゴ・ロリス、3位にアントワーヌ・グリーズマン、4位にタンギ・エンドンベレ、5位にジョナタン・イコネを選出。グリーズマンも1位にはベンゼマを選び、2位にはキリアン・ムバッペ、3位にウーゴ・ロリス、4位にクレマン・ラングレ、5位にウィッサム・ベン・イェデルを並べた。また、エンゴロ・カンテは1位にムサ・シソコを選んだ。続けて、ウーゴ・ロリス、キリアン・ムバッペ、カリム・ベンゼマ、ウィッサム・ベン・イェデルとなっている。

選手たちから多くの票を獲得したベンゼマは、1位にムバッペを選出。続けて、ラファエル・ヴァラン、エンドンベレ、シソコ、ラングレとなっている。レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督はカリム・ベンゼマ、ムバッペ、ヴァラン、カンテ、ベン・イェデルの順に選んでいる。