元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレが、トッテナム指揮官ジョゼ・モウリーニョについて「残忍な男」と称している。

シュールレは2013年にチェルシーへと加入。当時、ブルーズを指揮していたのはモウリーニョだが、定位置をつかむことはできず、在籍期間はわずか2年であった。難しい時間を過ごしたシュールレはYou Tubeでのインタビューで「ジョゼは残忍な男だ」と話した。

「いつも思っていたよ。『彼は何をしているのか?なぜ僕をこのように扱うのか?』とね。振り返ってみると、彼が何を望んでいたのかわかる。当時の僕は求めていたものに対処することができなかった。厳しさ、心理的プレッシャーもあった」

「当時は非常に辛かった」と語ったシュールレ。出場機会が減っていったことで、自分への自信も失っていったと明かしている。

「先発してハーフタイムで交代することもよくあった。そして次の試合では、スタンドにいたんだ。理解できず、自尊心を失っていったね」

結局、シュールレはその後、ヴォルフスブルク、ドルトムント、フラム、スパルタク・モスクワに在籍。2020年7月に現役引退を発表していた。