ゼニトの指揮官ロベルト・マンチーニがフランス紙『レキップ』のインタビューに応じ、パリ・サンジェルマン監督の座に興味を示した。

パリSGの現指揮官であるウナイ・エメリは今シーズン終了後に契約満了を迎える。このため次期監督候補として、複数の名前が挙げられているが、その中の一人であるマンチーニがゼニトの合宿先であるドバイで自身のアピールを行った。

「将来は分からないが、現在、最高の選手たちを指揮する優秀な監督がいる。それでも何が起こるかは分からないからね。当然だが、監督なら誰だってこんなチームを指揮したいと思うだろう。世界でも最高峰のクラブの一つだ。それにネイマールや(キリアン)ムバッペが加わって、今ならチャンピオンズリーグで優勝できる可能性だってある」

パリSGはカルロ・アンチェロッティが去った後の2013年にも、マンチーニの招へいを検討していたものの実現せず、ローラン・ブランが指揮官に就任した。マンチーニは「パリSGから連絡を受けたことは過去も現在もない」としながらも、改めてフランスの強豪クラブからのオファーを熱望した。

「繰り返すが、パリSGを指揮してみたい。今はエメリがいて上手くやっているようだが、サッカーではすべてが変わる可能性がある」