現地時間8月31日、ラ・リーガの今季スケジュールが明らかになった。

開幕節は9月11日〜13日にかけて行われ、ビジャレアルは2部から昇格したウエスカと激突。久保建英と岡崎慎司の日本人対決が第1節から実現することとなった。乾貴士所属のエイバルはホームにセルタを迎え撃つ。

一方、昨季UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16に残ったレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーの3チーム、そしてUEFAヨーロッパリーグ王者のセビージャについては8月まで試合があったこともあり、開幕節の実施については未定になっている。第1節でレアル・マドリーはヘタフェと、バルセロナはエルチェと、アトレティコはセビージャと戦う予定。

また、注目の一戦エル・クラシコは第7節(カンプ・ノウ10月23日〜25日)、第30節(サンティアゴ・ベルナベウ2021年4月9日〜11日)に組まれた。

シーズン終了後には1年延期となったEURO2020が控えていることもあり、最終節となる第38節は2021年5月23日に設定されている。