名将アリゴ・サッキ氏が、18日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、パリ・サンジェルマン(PSG)に加入したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマに皮肉を述べた。

EURO(ユーロ)2020決勝において、イングランドのPKを2本ストップするなどして決定的な活躍を見せ、イタリアを1968年大会以来53年ぶりとなる2度目の優勝へと導いたドンナルンマ。大会最優秀選手にも選出された22歳の逸材であるが、イタリア人指揮官のサッキ氏は、元ミランGKの去就を巡り批判的な見解を示している。

ドンナルンマはミランの下部組織出身。シニシャ・ミハイロヴィッチ指揮下の2015年10月のサッスオーロ戦において、16歳8か月の若さでセリエAデビューを飾り、6シーズンにわたって守護神を務めてきた。しかし先月末が期限の契約の延長に応じず、EURO開催中にミランを退団。市場価値は6500万ユーロ(約84億円)にも上る世界最高峰のGKはその後、フリーでPSGに加入した。サッキ氏は、そんなイタリア代表GKの決断を非難している。

「ミランがドンナルンマを失ったことは残念だが、特に彼自身にとって残念なことだと思う。クラブのおかげで成長し、偉大な選手になることができた。だからこそ、もっと感謝の意を示すべきだった。お金を追い求める者が必ずしも幸せをつかみ取れるわけではない」