ボルシア・ドルトムントの主将を務めるマルコ・ロイスは、1年半ぶりにドイツ代表メンバーに招集されるかもしれない。

ロイスは、最後の代表戦は19年10月のEURO予選でのエストニア戦。19−20シーズン後半戦は筋肉系の負傷で長期離脱を強いられ、以降声が掛からなかった31歳のアタッカーだが、直近リーグ戦5試合で3ゴール1アシストを記録すると、DFBポカール準決勝ホルシュタイン・キール戦での1得点に加え、13日のRBライプツィヒとのファイナルでは2アシストを含む4ゴールすべてに絡む大活躍を披露した。

それを受けて、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督はロイスの今夏のEUROに臨むメンバーへ招集する可能性に言及。ドイツ『ARD』でドルトムントが4−1で制したライプツィヒ戦後、「マルコはここ数週間良いリズムを取り戻してきている。彼はリストに載っており、(今回は)より多くのメンバーを呼べるため、ほかの選手についても話し合っているところだ」とロイスについても検討していることを明かした。

なおドイツサッカー連盟(DFB)のディレクターを務めるオリバー・ビアホフ氏が「貴重な選手」と称賛したロイス本人だが、「僕はピッチ上でやるだけ」と謙虚にコメント。「そのほかはなるようになるだろう」と自信を覗かせながら続けていた。