2000−01シーズン以来、パルマに復帰となったジャンルイジ・ブッフォンが、パルマの選手として20年ぶり実戦のピッチに立った。

現地時間21日、パルマはドイツ1部のボーフムとトレーニングマッチを行い、この一戦でブッフォンは先発出場を果たした。試合はボーフムMFユシフ・ラマン・チブサーが76分に決めたゴールが唯一の得点となり、パルマは0−1で敗れた。

ブッフォンはこの試合で45分まで出場。失点は自らがピッチに立っている状況ではなかったが、パルマ復帰戦で勝利とはいかなかった。

この試合後、ブッフォン本人は「7339日ぶりに戻ってきた!」とメッセージを添え、自身のSNSを更新している。

セリエB降格となった古巣パルマで再スタートすることになった43歳の大ベテラン。21−22シーズンはパルマを1年で1部に戻すことができるのか、ブッフォンの戦いぶりに注目が集まる。