■酒井宏樹が“真のマルセイユ戦士”になるために必要な意外な課題とは?

酒井宏樹は昨シーズン、フランス挑戦1年目ながら、堂々たるプレーを見せてマルセイユの主力選手へと定着した。指揮官のルディ・ガルシア監督も右サイドバックを補強する予定はないと話すなど、酒井の存在は絶対的なものとなりつつある。一方で、指揮官そしてフランスメディアが物足りないと考えている点も少なからず存在する。酒井が“真の戦士”となるために必要な課題とは一体何なのだろうか。

(文=小川由紀子)

●記事の続きを読む