セビージャに所属する日本代表MFの清武弘嗣が、20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第1節のエスパニョール戦に先発出場し、1ゴール1アシストを記録した。6−4での勝利に貢献し、評価を高めている。

セビージャの番記者を務めるフランシスコ・リコは、試合を以下のように振り返った。

今夏、セビージャにやってきた日本人MFはすでにUEFAスーパーカップやスペイン・スーパーカップ(いずれもバルセロナ戦)でプレーし、一定の評価を得ていた。そしてリーガでのデビュー戦となったエスパニョール戦でファンの心をつかむことに成功した。

スタジアムでは清武に関して話す声が多く聞こえた。『彼は今夏加入した中で最高の選手だ!』といった具合に。SNS上でも同じような声をたくさん目にすることができた。

清武はホルヘ・サンパオリ監督のシステムと哲学を本当によく理解している。フランコ・バスケス、ルシアーノ・ビエット、ビトロとの連係は今後、さらに良くなるだろう。彼は守備面でもよくやっていた。スペインで成功したいと思うなら、とても重要なことだ。

コーナーキックからアシストも記録した。セットプレーのスペシャリストとして活躍してくれるかもしれない。とにかく、セビージャにいる多くの人が、彼にいい印象を持ったのは確かだ。

取材=フランシスコ・リコ