バルセロナの選手たちが、1月9日にチューリッヒで催されるFIFAの年間表彰式ザ・ベストへの参加を取り止めた。

ザ・ベストはFIFA最優秀選手賞とバロンドールが統合される形で生まれたFIFAバロンドールに代わる表彰式として、FIFAが新たに設立。9日に表彰式が催され、年間最優秀選手、年間最優監督、FIFProワールドイレブン、年間最優秀ゴールなどが発表される。

バルセロナからはFWリオネル・メッシ、MFアンドレス・イニエスタ、FWネイマール、DFジェラール・ピケが表彰式に赴く予定だったが、突如として参加を取り止めた。バルセロナはその理由を、11日に行われるコパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、アスレティック・ビルバオ戦への準備のためと説明。表彰式に参加するのは、バルセロナの幹部のみとなる。

スペイン『マルカ』によれば、このバルセロナの決定についてFIFA側は憤りを見せている模様だ。なお年間最優秀選手の最終候補3名はレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエズマン、そしてメッシとなっているが、バロンドール同様C・ロナウドの受賞が確実視されている