ボローニャの移籍市場についてイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が13日に特集を組み、日本代表DF冨安健洋を高く評価した。

冨安は昨夏、1年半所属したシント=トロイデンからボローニャへとステップアップ。すぐさま右サイドバックでレギュラーの座を勝ち取ると、ここまでセリエAで20試合に出場し、印象的な活躍を示してきた。そんな冨安には今夏の移籍市場に向けて、セリエAの名門ローマやプレミアリーグのクラブなどから熱視線が注がれているとされる。しかし、ボローニャにとって21歳の冨安は「アンタッチャブルな至宝」の1人と見られている。

■ボローニャにとって売却不可の冨安

イタリア紙はボローニャのメルカートを特集した記事において、チームの若手に注目。「チームの輝かしい将来を保証できる非常に興味深い若手が豊富だ」と述べ、その1人に冨安を挙げた。若き日本代表DFは、23歳のイタリア代表FWリッカルド・オルソリーニとともに「ロッソブルー(赤青の意味でボローニャの愛称)のコレクションの中で貴重な2ピース」であると評価。「現在2人の価値は合わせて6000万ユーロ(約70億円)だが、今後、目まぐるしく跳ね上がる可能性がある」と分析し、将来に大きな期待を寄せた。

このため「現在、(ボローニャ)ファミリーの至宝を売却することは完全な間違いだ。トミヤスは時間とともに非常に重要な価値を示すようになる」と指摘。しかし「現段階で彼の獲得に2500万ユーロ(約29億円)以上を支払うクラブはない」との見解を示した。

そして今シーズン、クラブ史上初となるチャンピオンズリーグ(CL)に出場したアタランタを例に挙げ、ボローニャが上位7位以内を確保してヨーロッパリーグ(EL)出場権を争えるようになれば、市場価値が一層増すと分析。「ボローニャにとって完全に売却不可」の冨安については、「現在の評価額3000万ユーロ(約35億円)から20%アップし、3600万ユーロ(約42億円)になる」と予想した。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です