アーセナルがフィリペ・コウチーニョ獲得に向けて代理人と交渉を開始したようだ。フランス『Le10sport』が伝えた。

2018年冬にリヴァプールからクラブ最高額でバルセロナに加入したコウチーニョ。しかし、移籍金に見合うだけの活躍ができず、コーチ陣やサポーターらの信頼を勝ち取れない同選手は、昨夏に1年間の期限付きでバイエルン・ミュンヘンに加入する。

ドイツのクラブでここまで公式戦32試合に出場し、9ゴール8アシストを記録するブラジル代表MFだが、今夏の去就は不透明。買取オプションを行使する権利を持つバイエルンは、買取額が高額で、リロイ・サネ獲得を望むこともあり、コウチーニョの完全移籍を断念したとも報じられた。さらに、バルセロナには居場所はないと考えられており、新天地を求める可能性が高い。

そんな中、新天地の有力候補に挙がるのがプレミアリーグ勢。チェルシーが獲得を狙うと報じられてきたが、どうやらアーセナルもコウチーニョの加入に興味を持つことがわかっている。

同メディアによると、アーセナルはブラジル代表MFの代理人を務めるキア・ジューラブシャン氏との交渉を開始した模様。しかし、バルセロナが求める高額な移籍金が大きな障壁となることは確実だ。それでも、ミケル・アルテタ監督はコウチーニョの加入を夢見ているようだ。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です