マルセイユのホルヘ・サンパオリ監督は、ディジョン戦の酒井宏樹のパフォーマンスを称賛した。

4日に行われたリーグ・アン第31節でホームにディジョンを迎えたマルセイユ。ドゥイェ・チャレタ=ツァル、ジョルダン・アマヴィ、長友佑都とディフェンス陣に欠場者を出すサンパオリ監督は酒井を3バックの左で起用する。すると、守備陣はディジョンを完封し、レオナルド・バレルディとアルバロ・ゴンザレスのゴールで2試合ぶりの勝利を手にした。

試合後、サンパオリ監督は就任以降ベンチを温める機会が増えるも、この試合でセンターバックの1人として起用し、期待に応えた日本代表DFの活躍を称賛。賛辞の言葉を送っている。その様子をフランス『Le Phoceen』が伝えた。

「セントラルのポジションの左側でプレーしたヒロキは最高の試合をした。特にディジョンの速いストライカーたちを相手にした1対1でとても良かった。とても注意深かった」

「このポジションではサイドとしてプレーする能力のある選手が必要となり、彼の特徴であるスピードと予測により、彼を突破することはとても難しかった。ディフェンス面で良い試合をやってくれた。しばらくの間、負傷で離脱していたから100%ではなかったが、後方から我々に多くの強さを与えてくれた」