ドルトムントのピーター・ボス監督は、フランス代表ウィンガーウスマン・デンベレがバルセロナへ行く可能性については心配していないようだ。

バルセロナは3日、ネイマールのパリ・サンジェルマン行きが決定。世界最高の選手の一人を失い、8月は後釜確保に奔走すると見られる。その代役候補の一人に挙げられているのがデンベレだが、ボス監督は「何も心配していない」と話し、バルセロナ行きの可能性を否定した。

また、ネイマールが2億2000万ユーロ(約290億円)という史上最高額の移籍金で交渉を成立させたことについても、驚きはないという。

「昨年、ポール・ポグバがすでに1億ユーロ(約130億円)を超える額で移籍した。将来、新たなリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドが出てくれば、ネイマールが唯一のケースではなくなるだろう」