バルセロナFWリオネル・メッシが、キャリア通算700ゴール目を記録した。

6月30日に行われたラ・リーガ第33節で、アトレティコ・マドリーと対戦したバルセロナ。この日も先発したメッシは、1-1で迎えた50分にPKを沈め、今季リーグ戦21ゴール目を奪っている。なお、試合はその後アトレティコが追いつき、2-2のドローに終わった。

勝利を逃したバルセロナだが、メッシが大記録を達成した。PKでのゴールは、キャリア通算700ゴール目に。その内訳はバルセロナで630ゴール、アルゼンチン代表で70ゴールとなっている。

なお、メッシがキャリアで最も得点を奪っているチームはセビージャ。37試合で37ゴールを挙げている。またこの試合で対アトレティコ戦は37試合で32ゴールとなり、2番目に得点を奪っているチームとなった。宿敵レアル・マドリー相手には41試合で26ゴールだ。

偉大な記録を達成したメッシだが、現役選手としては2人目の700ゴール到達に。最も早く達成したのは、ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドとなっている。