トッテナムは2月28日、プレミアリーグ第26節でバーンリーをホームに迎えた。

勝ち点36で9位のトッテナムと、同28で15位のバーンリーが相まみえた。リーグ2連敗中のトッテナムは、前節のウェスト・ハム戦から先発3選手を変更。1トップに配したケインの後方2列目にベイル、ルーカス・モウラ、ソン・フンミンを並べる攻撃的な陣容で試合に臨んだ。

試合は開始早々にトッテナムがスコアを動かす。左サイドからカットインしたソン・フンミンが右足でゴールに向かうボールを入れる。これにゴール前で反応したベイルが右足で軽く合わせてネットを揺らし、チームに先制点をもたらした。

ベイルのここ4戦3発目となるゴールで先行したトッテナムは、続く15分に追加点。ベイルの鋭いロングフィードで左サイドを抜けだしたケインがボックス内に侵入して右足を振る。DFにディフレクトしたシュートがゴール左のネットを揺らし、トッテナムがリードを広げた。

さらに31分にレギロンのクロスからルーカス・モウラが2試合連続弾を記録したトッテナムは迎えた後半、55分にもソン・フンミンのパスをボックス右角で受けたベイルがゴール左隅にコントロールシュートを突き刺して4点目を挙げる。

2ゴール1アシストのベイルを70分にお役御免として交代させたトッテナムは、その後も試合をコントロール。バーンリーGKポープの好守もあって5点目とはならなかったものの、シャットアウトゲームでリーグ3試合ぶりの白星を手にしている。