今夏、インテルに所属するクロアチア代表イバン・ペリシッチは退団が有力視されていた。同選手にはマンチェスター・ユナイテッドが関心を示していたとされ、本人もプレミアリーグへの移籍を示唆していたが、現時点で移籍は具体化せず、開幕直前となりインテル残留が濃厚となっているようだ。

インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は12日のベティス戦後、『スカイスポーツ・イタリア』の取材で、ペリシッチ放出の可能性が消滅したと主張している。

「ペリシッチはここに残ることが決定的だよ」

「彼はミラノで引き続きプレーすると語った。プロとしてこれからも模範的な姿勢でチームの助けになってくれるだろう」

ペリシッチはマンチェスター・Uへの移籍話が有力視されていたが、移籍話は進展せず。マンチェスター・U側もペリシッチ獲得が難しいと判断し、ガレス・ベイルなど、他のアタッカーに照準を切り替えたと複数の欧州メディアが伝えている。

インテルは現地時間20日にフィオレンティーナとの一戦でセリエA開幕を迎える。8月31日まで移籍の可能性は残っているものの、ペリシッチの残留はほぼ確定的となっているようだ。