バルセロナの新監督となったシャビはすでに必要のない選手を取り除く準備をしているようだ。スペイン『スポルト』などが伝えた。

6日にバルセロナはクラブOBのシャビが新監督となることを発表。レジェンドの下で復活を果たすことが期待される。そのシャビがトレーニングを見る前からチームに必要ないと見ているのがFWルーク・デ・ヨングだ。

デ・ヨングは今夏、セビージャからバルセロナへとレンタルで加入。しかし、公式戦9試合に出場して1ゴール。ロナルド・クーマン前監督の下でも結果を残せていなかった。クーマン監督は「ネイマールよりも優れた資質を持っている」と発言していたが、シャビはそうは見ていないようだ。

加入から数か月に満たないが、すでに放出を検討している模様。オランダ代表FWにはトルコのベジクタシュなどが興味を示しているという。