昨年10月末、そのツイートは1,400以上RTされ、13,000以上のLikesがついた。札幌と東京。サッカーがなければ知り合わなかった二人のゴールイン。心温まる内容にJリーグサポーターの中で大きな反響を呼んだツイートの背景を、当事者であるお二人にうかがった。

■たまたま同じ試合会場にいた

20190110_enkyori_Uniform1

「ルヴァン決勝観戦後 お付き合いしていた彼からプロポーズされました💐💍 サッカーがきっかけで知り合って 札幌↔︎東京で約1年半遠距離をして 会った時には試合に行き 会えない時は電話繋げながらDAZN見たりしてたけど 春からはたくさん一緒に試合観に行けるようになる! 出会わせてくれたJリーグに感謝⚽️」

 瞬く間に拡散され、多くのサッカーファンやさまざまなクラブのサポーターから祝福が寄せられたツイート。サポーターだけではなく、北海道コンサドーレ札幌公式、DAZN公式、ツエーゲン金沢のヤサガラス、さらにはJリーグの原博実副理事長からも「おめでとう」という言葉が届いた。

 このツイートの主は、東京に住むFC東京サポーターのミーさん。お相手は札幌に住む北海道コンサドーレ札幌サポーターのヨシさんだ。

 サッカーが結んだ二人の、サッカーとの出会いはもう少し過去にさかのぼる。ヨシさんは「幼稚園のころ、父にコンサドーレの試合に連れて行かれたときからずっと」で、ミーさんは「父が昔からサッカー好きだった」家庭環境のなか、「約4年前に知人の誘いでFC東京の試合に行ってそこから本格的に好きになった」とのこと。

 スタジアムの雰囲気はやはり別格だ。「試合終了間際に得点が決まった瞬間の高揚感と、サポーターの熱気にすっかり魅了されました」(ミーさん)という感覚は、サポーターなら一度は経験したことがあるだろう。

■電話をしながら試合観戦

20200110_enkyori

 そんな二人が出会ったのは約2年前、2017年10月21日の味の素スタジアムだった。リーグ戦第30節・FC東京vs札幌を二人とも観戦しており、試合後両サポーターで集まった際に、室屋成選手の話題で意気投合、仲良くなったとのこと。なお、試合は大雨の中アウェイの札幌が2-1で勝利を収めている。

 普段は札幌と東京で離れており、一緒にスタジアムでとは簡単にいかない。そこで試合観戦はDAZNを使いこなした。「お互い時間を合わせて電話をつなげながら、同じ試合を見ていました。東京と札幌の試合がかぶったときは、それぞれが試合を見ながら電話でお互いの試合状況を伝え合ったりしていました」という。

 ともにDAZNをガッツリ見ていて、中でも『Jリーグジャッジリプレイ』が好きとのこと。「本当にこの判定なのか? と疑問を持つことも多いので、識者の方々の議論を聞けるのはとても勉強になります。新シーズンからVARが導入されますが、その解説も期待しています!」。ミーさんのツイートに祝福を寄せた原博実副理事長がコメンテーターを務めるこの番組、新シーズンの切り口にも期待が膨らむ。

 一方、一緒に現地観戦し一番印象に残っている試合を聞くと、ヨシさんはやはり昨年10月26日、JリーグYBCルヴァンカップ決勝・札幌vs川崎フロンターレとのこと。クラブ初のカップファイナルで、札幌はJ1王者を前に延長・PK戦まで戦い切った。ヨシさんは「一番応援している深井(一希)選手が後半ATで決めたときは鳥肌が立ちました」と振り返り、ミーさんは「驚きのプレーの連続で涙が出るほど感動」したという。

■サッカーという共通項

20200110_enkyori_uniform

 長距離恋愛はなかなか難しい。ヨシさんとミーさんが大切にしていたことは、「お互いを信頼し、必要以上に縛らなかったこと」と「サッカーが2人をつなげてくれていたこと」だという。

「J1は関東のチームが多く、札幌から遠征にたくさん行けたことで、会う機会がそれなりにあったのも大きかった。サッカーという共通の話題が常にあって、いつも同じ温度感でいられました」

 二人はJリーグの魅力を「地域密着で北海道から沖縄までクラブがあり、どの地域にいてもサッカーに触れることができ、サッカーを広め続けている部分」にあると語る。実際、「北海道と東京で暮らしていた私たちがつながったように、人と人がつながり、新たな交流が生まれている」ことは紛れもない事実だ。

 サッカーがつなぎ、サッカーが強固にし、一緒に育んでいく未来。最後に2人の2020シーズンの目標を聞いた。

「タイトル獲得!」

 確かに札幌の2019年は、「ルヴァン杯決勝に行ったり、複数の選手が日本代表に選出されたり、コンサドーレというチームが大きく成長したシーズンだった」(ヨシさん)。そして、FC東京も最終節まで優勝争いを繰り広げた。ミーさんは「過去最高位で終えることができ、最後まで優勝争いをした感動のシーズンでした。ベストイレブンに多くの選手が選出され東京の可能性を多くの人たちに示せたのではないかと思います」と振り返る。

 年が明けて各チームは束の間のオフを挟み続々始動を迎えている。札幌は11日にキックオフイベントが行われ、FC東京は沖縄1次キャンプに入った。毎週末、仲間と一喜一憂する日々はもうすぐそこ。そして、春からは札幌で新生活を始めるヨシさん、ミーさんも一緒に観戦する機会が増える。Jリーグがつないだお二人、末永くお幸せに!