マンチェスター・ユナイテッドに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、同時期に加入したFWファクンド・ペリストリの力に太鼓判を押した。

今夏の移籍市場最終日にマンチェスター・U入りしたカバーニだが、同日には同胞のペリストリも加入。ペニャロールから推定850万ユーロで加入したペリストリは、推進力あるドリブルが持ち味の18歳だ。

カバーニはペリストリについて、「伸び盛りの選手で、僕は彼のプレースタイルが大好きなんだ。典型的な南米のスタイルで、天性の感覚でプレーする」と口にし、以下のように続けた。

「彼はペニャロールですでに何ができるかを証明してきた。ペニャロールでデビューしたころから彼のことを気に入っていたんだ。このクラブで成長し、チームに貢献しようという強い決意を持っている。ここで学ぶことは彼にとっても大きな経験になる。僕としても新たな章を彼と共にこの場所でスタートさせることができて嬉しいよ」

ユースからのスタートではなく、そのままファーストチームのメンバーに組み込まれることになったペリストリ。大きな舞台でどのように羽ばたいていくか注目だ。