セビージャがJリーグの2クラブと対戦するため来日。17日には『StubHubワールドマッチ2017』でセレッソ大阪と、22日には『明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017』で鹿島アントラーズと対戦する。

セビージャは15日、大阪府内のグラウンドで練習をこなし、セレッソ大阪戦に向けて調整を続けている。練習後にはDFニコラス・パレハが取材に応じた。セレッソ大阪について知っている選手はともにプレーした清武弘嗣だけと話したパレハだが、同選手について今でも良い印象を持っていることを明かす。

「清武選手も6カ月セビージャにいて、みんな大好きだよ。また再会できるのを楽しみにしている」

また、今シーズンから新たに指揮を執るエドゥアルド・ベリッソ新監督について好印象を持っている様子。まだ互いを知り合う段階であることを認めつつ、以下のように話した。

「非常に経験のある監督で、アルゼンチン代表に選ばれるなど選手としても経験のある監督。現状ではトレーニングで彼がピッチ上で選手たちに示している段階だね。私たちはそれを学ぶ準備はできているし、監督の考えをピッチで示せることを楽しみにしている」

日本の湿度の高い暑さにも「セビージャとほぼ同じ」と語り、サポーターに会うことを楽しみにしているとしたパレハ。新監督率いるセビージャの戦いぶりとともに、プレーにも注目したいところだ。