インテルは3日、クラブの新指揮官にシモーネ・インザーギ監督を招聘したことを発表した。契約期間は2年。

2019年にアントニオ・コンテ監督を迎えたインテルは初年度で2位と上昇すると、今季にさらにチーム力を見せつけて、セリエAで優勝。11年ぶり19度目のスクデットを獲得し、ユヴェントスの一強時代に終止符を打った。

しかし、シーズンの日程終了後の先月26日には、コンテ監督との双方合意による契約解除で袂を分かつことが決定。後任人事が注目される中、セリエA王者の指揮官には45歳のS・インザーギ監督が就くことになった。

イタリア代表のレジェンドストライカーであるフィリッポ・インザーギ氏の弟であるS・インザーギ監督は、プロキャリアを終えた後にラツィオユース指揮官に。2016年からはトップチーム監督に昇格し、退任することになった今季終了時までチームを率いていた。