レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスが、復帰に近づいている。スペイン『マルカ』が伝えた。

負傷により今季のプレシーズンで出遅れているS・ラモス。ここまで親善試合に出場したのは、先月29日に行われたバルセロナ(2-3)との一戦のみで、出場時間はわずか45分となっている。

だがS・ラモスは8日に行われるUEFAスーパーカップのマンチェスター・ユナイテッド戦に向けて、調整のピッチを上げているようだ。バルセロナ戦の前日会見では「僕たちはスーパーカップを良い状態で迎えられると思う。そのために適したトレーニングを積んでいる」と述べ、出場に意欲を見せていた。

マドリーは昨季のUEFAスーパー杯でセビージャと対戦した。1-2のビハインドで迎えたアディショナルタイム、値千金の同点弾を叩き込んだのがS・ラモスだった。延長戦に突入した試合は、DFダニ・カルバハルの決勝点でマドリーの勝利に終わっている。

S・ラモスは昨季、シーズンを通じて44試合に出場して10得点を挙げた。CBでありながら2桁得点を記録した、マドリーの不屈の魂を体現する男は、今季初タイトル奪取に燃えているのかもしれない。