アーセナルのミケル・アルテタ監督は、レスター・シティ戦のクリーンシートでの勝利に貢献した冨安健洋を称賛した。

30日に行われたプレミアリーグ第10節でアーセナルは敵地でレスターと対戦。冨安がフル出場したこの試合、アーセナルは序盤にガブリエウとエミール・スミス=ロウの得点で2点のリードを奪う。その後はレスターの反撃に遭うも、守護神アーロン・ラムズデールの活躍などでシャットアウトして2-0で勝利した。

試合後のプレスカンファレンスでチームパフォーマンスを絶賛したアルテタ監督は、冨安のインパクトについて問われ「彼がチームにいることにとても満足している」と話し、賛辞を続けた。

「まず人間として、彼は最高のキャラクターを有している。彼はすべてにおいて適切なことをしているし、トッププロフェッショナルだ。彼はバックラインに多くの落ち着きをもたらしてくれていると思う。彼の守備の仕方や仕事への理解の仕方は我々が求めているものだ」

「彼はトップ選手だ。この国のディフェンダーになるための彼の適応力、彼がそのためにやってきたこと、彼は本当に多くの称賛を受けるに値すると思う」