ネイマールを史上最高額で獲得したパリ・サンジェルマンが、アーセナルのアレクシス・サンチェスへのオファーを準備していることが分かった。『インディペンデント』が報じている。

先日、バルセロナから2億2200万ユーロ(約290億円)でネイマールを獲得したパリSGだが、さらなる大型移籍の成立を目指しているようだ。同クラブは、今夏のアーセナル退団が囁かれるサンチェスの獲得に8000万ポンド(約116億円)のオファーを準備。さらに、同選手に週給40万ポンド(約5800万円)の契約を提示するとされている。

一方、来夏でアーセナルとの契約が切れるサンチェスは、ノースロンドンのクラブが提示した週給25万ポンド(約3600万円)以上とされる新契約を拒否。チリ代表FWは、もう1年アーセナルでプレーを続けた後、契約満了をもってフリーで恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティへ移籍する意思があると報じられている。

コンフェデレーションズカップの影響でチームへの合流が遅れ、コミュニティーシールドを欠場したサンチェスがどのような決断を下すのか、その動向に注目が集まる。