フランス・フットボールリーグ(LFP)は、ネイマールとアルバロ・ゴンザレスに処分を科さないことを発表した。

9月13日に行われたパリ・サンジェルマン(PSG)とマルセイユによる“ル・クラスィク”。1-0でマルセイユが勝利した一戦では、終盤に両チームの選手が入り乱れて乱闘に発展し、ネイマールをはじめとした5選手が退場になるなど後味の悪い幕切れになっていた。

ゴンザレスを殴って一発退場を命じられたネイマールはその後、マルセイユDFから人種差別を受けたことを告白。しかし、ブラジル代表FWに対しても、ひと悶着のあったゴンザレスへの同性愛嫌悪発言の嫌疑がかけられていた。マルセイユはネイマールが差別的発言をした場面を捉えた証拠を持ち、これをLFPに提出したと見られている。

そんな中30日、LFPはネイマールとゴンザレスへの処分に関する声明を発表。この中で「調査、ヒアリングの結果、試合中のアルバロ・ゴンザレスからネイマールへの、またネイマールからアルバロ・ゴンザレスへの差別的な言動を裏付けるに十分に納得できるだけの証拠がなかった」として、懲戒委員会は両選手に対して処分を科さないことを決定した。

なお、試合の中で一発退場を受けたネイマールはすでに2試合の出場停止処分を受け(消化済み)、レイヴァン・クルザワに至っては退場した5選手の中で最も重い処分となる6試合の出場停止処分を受けた。また、この試合でゴンザレスに唾を吐いたアンヘル・ディ・マリアは後に4試合の出場停止処分を科されていた。