バルセロナのDFジェラール・ピケは、FWネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍はわかっていたことだと認めている。

ネイマールは今月上旬、PSGへの移籍が決定した。その直前にはピケが自身のTwitterでネイマールのツーショットとともに「se queda(彼は残るよ)」とつぶやいたが、そのときには退団は避けられないものだと認識していたようだ。

「すべてが起きたから、今は説明することができる。メッシの結婚式のときには、すでにネイマールは退団する意思を固めていた。そして、僕はあのツイートをした。彼は100%パリに行ってしまうとわかっていたけど、僕の最後の抵抗だった」

「彼は僕に腹を立てていた。彼には彼の理由があるんだろうね。決断を勇敢と判断することはできない」

さらに、ピケは成功のために、補強をする必要があるとも語った。まずはレアル・マドリーとのスーペルコパで真価を問われることになりそうだ。