バルセロナのMFイヴァン・ラキティッチは、来季より加入するMFフレンキー・デ・ヨングについて語った。

今季アヤックスでブレイクを果たし、鳴り物入りでバルセロナ入りが決まったデ・ヨング。同じ中盤を本職とするだけにポジションがかぶる可能性もあるが、ラキティッチはオランダ人MFの加入を前向きに捉えている。

「デ・ヨングは試合をコントロールできるアルトゥールと似ている。しかし、より深い位置でプレーするね。彼ら2人はいいコンビになるだろう。高い技術とクオリティを持っており、右足でドリブルする姿はヨハン・クライフのようだね」

「彼はスペースでプレーするのが好きな選手だ。受け手としてアクションを起こすこともできる。若いが、バルセロナの中盤をさらに進歩させてくれるだろう」

なお、ラキティッチは今シーズン限りで退団の噂も流れている。一方で、本人の第一希望は残留とされる。