レアル・マドリーMFトニ・クロースは、ジネディーヌ・ジダン監督に「ドイツ人のような」側面があることを認めている。

ラファエル・ベニテス前監督の下では一時期出場機会を失ったクロースだが、ジダン監督指揮下ではMFカセミロ、ルカ・モドリッチと共にマドリーで盤石の中盤を築いている。マドリーはその間チャンピオンズリーグ連覇、リーガエスパニョーラ優勝と複数のタイトルを獲得した。

マドリーの中盤を司るドイツ代表MFは、ジダン監督についての印象を以下のように述べている。

「僕たちは厳しくトレーニングしている。プレシーズンの最初の数日間は、特にだ。時々、ジダンがドイツ人のように見えるよ。選手に対する、トレーニングのさせ方がね」

「去年は、良いフィジカルコンディションで一年間戦えた。この時期のトレーニングは大事だということ。その練習の成果を試合で出さなければいけない」