ミランの指揮官ステファノ・ピオリが19日、イタリア国営放送『Rai』のラジオ番組『ラディオ・アンキオ・スポルト』に出演してチームやユヴェントス指揮官アンドレア・ピルロについて語った。

ピオリ率いるミランは17日、ライバルクラブであるインテルとのミラノダービーを2-1で制し、今シーズン4連勝を飾った。昨シーズン終盤からの勢いを維持してセリエAで単独首位に立ったミランの指揮官は、これまでを振り返って自身の見解を示した。

「素晴らしいシーズンスタートとなった。しかし道のりは長い。野心的であるべきだが一歩ずつ進んでいくべきであり、次はヨーロッパリーグに集中していきたい。数カ月前まで進退が危ぶまれていた?いや、私は常に自分の仕事、そしてチームのことを考えていた。我々は常にいかに良い仕事をするかを考えてきたんだ」

続いてピオリは、今年1月からチームをけん引する39歳のベテランFWズラタン・イブラヒモヴィッチに言及した。スウェーデン人FWは今シーズン、新型コロナウイルス感染も経験したが、すでにリーグ戦で4ゴールを記録するなど圧倒的な存在感を見せている。

「イブラが1986年ワールドカップの時の(ディエゴ)マラドーナのようだって?チームは、各選手の持てる力を引き出さなければならない。イブラだけでなく、他の選手たちからもね。ミランは1月にズラタンや(シモン)ケアー、(アレクシス)サレマーカーズが加入してから成長し、自信が高まった。そして今、結果が出始めている。将来的にイブラを中心に?彼も今はそんなことを考えていないだろう。現在に集中するべきだ。しかし彼が幸せな姿を見られるなんて、最高に素晴らしいことだよ」

最後にミラン指揮官は、リーグ戦で出遅れ暫定5位につける王者ユヴェントスの新指揮官ピルロに触れ、「アンドレアは賢いので解決策を見つけるだろう。新たなサイクルをスタートする時は時間が必要だ。ユーヴェがリーグ優勝の本命であることに変わりはない」と述べた。