ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーを巡るライプツィヒとチェルシーのクラブ間交渉は、すでに完了しているのかもしれない。

今季ブンデスリーガ30試合で25ゴールを奪うなど、評価を高めるヴェルナー。ドイツ代表FWを巡ってはビッグクラブによる激しい争奪戦が繰り広げられ、当初はリヴァプール移籍が濃厚とも見られていた。

しかし今月頭、複数メディアはチェルシーが5500万ユーロ(約68億円)の契約解除金を支払い獲得を決めたと一斉に報道。だがその一方で、ライプツィヒのディレクターを務めるオリヴァー・ミンツラフ氏は「私たちの間にはやり取りすらない。今のところ何も決まっていない」と交渉を否定している。

ヴェルナーに関して様々な情報が錯綜しているが、クラブ間交渉自体はすでに完了している可能性が高いようだ。『The Athletic』のラファエル・ホーニシュタイン記者によると、移籍発表が遅れているのは「単にメディカルチェックを行うための現実的な問題」によるものだという。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、ブンデスリーガの選手は規定によって国外へ移動することはできない。また、チェルシーのメディカルスタッフも帰国後に14日間の隔離が必要となるためドイツへ移動できず。これらの理由によりメディカルチェックを行えず、移籍完了が遅れていると同氏は指摘している。

そしてホーニシュタイン記者は、「チェルシーはドイツサッカー協会のドクターに依頼する可能性もあるが、6月27日のブンデスリーガ終了を待つか、イギリスの検疫規制が変わるまで待つ可能性が高い」と予想している。